medical_harikyu_woman

うつ病に鍼灸治療が効く、という話をときどき聞きます。

短期間ではありますが、実際に鍼灸治療をしたことがあるのでお話します。

結論から言うと、鍼灸治療も根気がいるのではないかということです。


鍼灸治療は、心療内科・精神科の西洋医学とは対称的に東洋医学での治療となります

鍼灸はツボを刺激することによって自然治癒力を向上させることにあります。
身体の弱っている部分・機能を向上、改善させることが鍼灸にはできることだと僕は思います。

鍼灸の刺激は自律神経系・内分泌系・免疫系等に作用するので、
身体の恒常性(身体の機能が正しく保たれる状態)自体の改善に効果が期待できます。


うつ病においても鍼灸治療によってセロトニンや脳内α波(リラックス状態)の値が変化するという研究結果があります。
つまり、セロトニンが最も多く生産される消化器官にも作用するということです。


詳しい内容は本やYOUTUBEで鍼灸師さんが説明しているのでこちらを参考にしてください。







僕自身は、医師に処方された抗うつ薬だけではなかなか体調の改善が見られなかったので、
鍼灸治療を試してみることにしてみました。

期間にして3ヶ月くらいは通ったと思います。
病院でもそうですが、一回で効くような即効性はありません。
一度の治療ではよくなるはずはありませんし、
正直3ヶ月でも足りなかったように思います

というのも、通っている期間の間も体調の悪化がありましたし、
通わないようになったあとに体調が不安定になったということがあります。

そういった体験と通して考えてみると、
鍼灸によって自然治癒力を上げている間は効果があるものの持続性はないのではないかと思います。

しかも、
鍼灸院での治療はいまだ健康保険が使えなかったり自己負担が大きいため、

なかなか金銭的負担がしんどかったりしました

結局のところ、
病院(西洋医学)に通っていることとの違いは
アプローチの違いでしかないのではないかと思います。


鍼灸治療だからといって、すぐに効果が表れることはなさそうです。

地道に治療をしていきましょう。


参考にした文献

・『うつを鍼灸で治す』齋藤剛康 SB新書
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  
 スポンサードリンク1