こんにちは。

症状が重くつらい時期にどのように過ごしてきたかお話したいと思います。

症状が一番重い極期として僕が苦しんだのは2017年11月から12月までの2か月。
また、精神的にしんどかったのは回復期の2018年1月から6月頃までの6か月です。

回復期のほうがしんどかったですね。

極期はとにかく動けない

11月はまだ会社で働いていたのですが、動悸、倦怠感、肩こり、眠気、不眠、胸の痛み・・・。
とにかく毎日「働きたくないなあ」と思いながら仕事に行ってました。

身体の異常には気づいていたので、
さっそく心療内科を受診し薬を服用していましたが、よくならず。ドクターストップ。

早い段階での治療が大事と聞きますが、僕は遅かったようですね。

12月から休職となりましたが、この月はまったく動けず。
とにかく毎日寝たきり。昼も夜も。一日15時間くらい寝ておりました。

このときはもうテレビとかも楽しめなければ笑うこともできないという状態でした。
なのでまったり系のアニメを流し見したり、ネイチャー番組を見たり、刺激の少ないリラックスできる方法を選択してきました。
漫画が好きだったのですが、当然買いにいけないので、Kindleばかり買っては読んでました。

この時期にしてきたこと・・・このくらいしかないですね。
気力がなく記録もしてなかったし、記憶もあまりありません。

極期は抗うつ剤を飲みながら安静にしていたら脱することが出来ると思うので、
脳への刺激を少なくして、とにかく焦らず、治療に専念することが第一だと思います。


本当につらいのが回復期

まったく動けなかった極期に比べて少しずつ活動できるようになったのが回復期です。

身体症状はまだあるものの、主治医のススメで1月からリワークに行き始めました。
1月は精神的には落ち着いてリワークを楽しむ余裕があったのですが、

2月になると徐々にその余裕もなくなり、身体症状の波もきて休みがちに。
動悸、胸痛、身体の痺れ、肩こり、頻脈、吐き気・・・

逆に身体は元気なのに、
やる気が出なくて、眠くて、仕事の夢をみたり、蜂に刺される夢を何度もみたり・・・。
毎日変な夢ばかり見るので、その都度、夢占いを検索してました。
※蜂に刺される夢は体調不良などを意味します。

「死にたい」と思うこともままあるようになりました。

IMG_20190607_105956IMG_20190607_110016



この頃からカウンセリングを受けるようになり、「もっと自己分析をしよう」と決めます。
体調が悪い日はやれることが少ないですし、自己啓発書を読みながら、自分のことをとにかくノートに書きこんでました。

いま思うとこのアウトプットすることは頭の中を整理することで効果があったのかもしれません。

やれることが限られるので、活動範囲も自宅と庭だけでしたが、
そのなかでも小さな発見を楽しみに毎日を過ごすようにしてました。

例えば、

・庭の植物観察
・庭の昆虫観察
・庭の土いじり(とにかく掘るだけなど)
・ジャガイモを植えて育てる
・コケリウム(苔でテラリウムをつくること)
・ネイチャー番組の鑑賞
・わんこと遊ぶ
・ベッドの近くにスピーカーをセットして音楽鑑賞会(モーツァルトとか)
・ルールも知らないスポーツ観戦
・ひたすらニュースを見る(NHKは刺激が少なくてイイです)
・バナナを食べながら毎日日光浴
・アルバムを読み返す
・絵を描く
・動けるときは公園、昆虫採集、川を探索

心掛けたことは、「作業療法」的な観点で集中力や脳の機能を回復させることです。
また、自然と触れ合うことでリラックスのα波を感じたり、自分を見つめ直したりする期間としました。

DSC_0412 DSC_0510 

IMG_b5wpa4


もちろん、家族の理解があってこそできたことではありますが、
リワークを無理せず、休みたいときは休むというのが良かったのではないかと思います。

当時Twitterはやっておらず、普段の話し相手といえばわんこか虫か植物か・・・。
ただ元気なときは親しい友達にご飯に連れて行ったりとお世話になりました。

でも人間関係はうまくいかないことなどがありますから、
できれば熱中できるような趣味(というかリラックス法)をできるといいのかなと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  
 スポンサードリンク1