SF映画 映画

『アイ・オリジンズ』感想&ネタバレ 牧師の意味するところとは

投稿日:

一卵性双生児であっても模様の異なるという虹彩。本作は「瞳」を巡って繰り広げられるSFラブストーリである。

神を否定するために科学をしてきた主人公が、最終的に神を証明するために科学をすることとなる。

■監督:マイク・ケイヒル
■出演:マイケル・ピット、ブリット・マーリング、アストリッド・ベルジェ=フリスベ、スティーブン・ユァン、アーチ―・パンジャビ

あらすじ

ある日の夜、仮装パーティを楽しんでいたイアンは仮想したミステリアスな女性ソフィと恋に落ちる。

一夜の恋の唯一の手掛かりは、「瞳」を研究するイアンが撮った彼女の瞳の写真。写真を手掛かりに彼女を探し、再会する。

しかし結婚を目の前にして彼女は不慮の事故で亡くなってしまう。彼女の死にふさぎ込んだイアンを救ったのは研究パートナーのカレン。

やがて二人は結婚し子を授かったが、二人の子を巡って異変が起き、イアンは再び彼女を探す旅に出ることとなる。
(あらすじオリジナル)

ネタバレ

(1)科学を信じるイアンと宗教を信仰するソフィが出会う

科学によっていままで信仰してきた宗教を覆されたならあなたはどうするか?
ダライ・ラマは「もし私の信仰が間違っていたなら私は信仰を変える」と言った。
では、宗教によっていままでの科学が覆されたらあなたはどうするか?

以前にソフィは二人の出会いを「前世からのつながり」と表現していた。一方のイアンは、「ビッグバンが起こり、かつて一緒にいた二人の原子はふたたび出会うことができた」と表現するので、生まれ変わりとまでは言わないまでも何らかの物理的な同一性を肯定している。

しかしソフィはエレベーターの事故で死に、そして瞳を通して「サロミナ」に生まれ変わった。

イアンとカレンが授かった息子は発達した虹彩システムにより、誤認識を起こしたのをきっかけに息子の前世を知ることとなる。息子と前世の男性は同じ虹彩を持っていたのである。
そこでイアンの持ちうる瞳の写真データを虹彩システムに照合したところ、死んだはずのソフィがヒットした。登録地はインド。イアンはインドに旅立ち、少女サロミナに出会う。

イアンは自身の信条に基づいてサロミナ(ソフィ)の実験を行った。結果的に、科学的には証明されなかったが、サロミナがエレベーターを怖がったことで「生まれ変わり」を確信する。
ソフィは生まれ変わりを信じていたのに対し、イアンは信じてなかったわけだが、このときイアンのなかの科学は崩壊したに等しい。宗教によって科学(自身の価値観)が覆された瞬間であった。

そしてふたたび再会したわけである。

(2)光を知らないミミズ、第六感を持たない人間

イアンはミミズに突然変異を起こさせ、目を作り光を与えた。本来ミミズは光を知らない。
人もまた突然変異(個体差?)によって”感じる”人とそうでない人がいる。
ソフィは神秘的なものを感じとる人間であり、宗教を信じる人種であった。
それを神と呼ぶのか、天使と呼ぶのかは宗教的な問題にすぎず、違いはない。
なぜなら、ミミズの光と同じで共通認識としての答えがないからである。(人々の共通認識として証明されたものを科学と呼ぶ)

しかし、近年のビッグデータの存在により世界中の瞳を管理するようになり、
人がその一端に触れることとなったのが本作中のストーリーである。

考察:最後に現れる牧師の意味するところ

滞在したインドのホテルでイアンは牧師マッケンジーに出会う。牧師はこう言い残している。

マッケンジー「インドは初めて?」

イアン「実はそうです」

マッケンジー「お互いいい仕事を」

イアン「仕事はなにを?」

マッケンジー「営業をしていますが、主の使いも。」

マッケンジー「おやすみなさい」

イアン「どうも」

マッケンジー「また会えますように」

マッケンジーの現れ方はあまりに突然である。閉まりかけのエレベーターを手で止めて乗り込んでくるその様は、「尾行」を彷彿とさせるシーンである。

そして「インドははじめて?」と問い、「また会えますように」と皮肉るように立ち去る。
まるでイアンを知っているようなそぶりを見せるのである。

ここから察するにマッケンジーはイェール大学のドクターシモンズと関係する人物なのではなかろうかと推測する。

シモンズはイアンの息子トバイアスを実験体として「生まれ変わり」の実験を行っている。
シモンズからイアン宅に連絡を入れているわけだから両親の素性(=科学者)は把握しているはずである。仮にもイアンはTV出演する有名人である。
そしてトバイアスの実験中に「The test is over.」と中断させて帰ってしまった。

シモンズが「イアンのその後の動向を把握したい」という筋は通るように思う。
イアンはこの点を察知して、サロミナをホテルに連れ込む際、マッケンジーを避けたのであろう。

まとめ

本作はSFというよりもファンタジーに近いのかもしれない。
そしてドラマでありラブストーリーであり、スリラーでもある。

マイク・ケイヒル監督は、科学と宗教という一見相いれないものをうまく表現し、
また「瞳は魂の窓」という哲学を語るところが面白いのである。

-SF映画, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

『コンタクト』感想&ネタバレ ヴェガ人の伝えたかったことは何だったか

今回鑑賞したのは1997年公開の『コンタクト』。クリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』もこの作品からインスパイアを受けたであろうと見受けられるなど、SFファンとしては見て損はない作品。 ■ …

no image

『惑星ソラリス』感想&ネタバレ ソラリスが問いかける人間の在り方とは

今回は名作、アンドレイ・タルコフスキー監督『惑星ソラリス』をレビュー。 こちらの作品、TSUTAYAで借りて一度挫折しましたね。スタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』と並ぶ意味深な作品です …

no image

『アナザープラネット』感想&ネタバレ 三つ目のバッドエンド

今回、レビューするのはマイク・ケイヒル監督の『アナザープラネット』。 ラストの解釈が二択に分かれると絶賛されている作品です。2011年サンダンス映画祭で審査員特別賞。 ■原題:ANOTHER EART …