うつ病だから矯正を考えたけどやめた話

2020年4月6日

こんにちは。


僕はうつ病のなかでも自律神経がひどく乱れるタイプでした。


自律神経って姿勢が悪くても乱れる可能性があるし、スマホ首などとにかく私生活を変える必要がありました。


とにかく身体のメンテナンスをしようということで、いろんな病院にいっていたんです。


そのなかでも歯医者、とくに矯正歯科に期待した時期がありました。


僕は歯並びが悪く、それにともなう肩凝りや自律神経のみだれというのも考えられたからです。


噛み合わせが悪いとそれだけで身体にはストレスがかかっている状態です。
ネットでも「うつ病 矯正」調べてみると、少ないながら情報が出てきます。
実際に矯正歯科に診察にもいきました。


事情を説明して、うつ病に効果を期待していることも伝えました。また、「うつ病の患者さんも矯正に来ている」というお話も聞けました。


僕の歯並びの診断は交叉咬合、叢生(そうせい)、下顎前空でした。


確かに、身体のバランスを左右するのは歯並びである可能性はあるとのことだったのですが、僕は矯正をしない選択をしました。


もちろん、金額が100万単位でかかるということはあります。


ただそれ以上に矯正にともなうストレスでうつ病が悪化すると思ったからです。
矯正をすると、食べたいものが食べられない、歯磨きがうまくいかないなどものすごく多くの負担を強いられるとお話を聞きました。


うつ病がストレスを原因として発祥しているなら、矯正のストレスで悪化することもありうるな、と思ったんです。それだと本末転倒ですよね。


だから矯正はしない選択をしました。


ただ歯並びが悪いことはたしかなので、体調がよければ矯正も考えるのですが…。